ニュージーランドってどんなところ?わからないから調べました!

ニュージーランドってどんなところ?わからないから調べました!

こんにちは!

記念すべき2回目の投稿!!!

今回は自分なりに調べたニュージーランドのことを書きます。

 

まず、ニュージーランドはオセアニア州にあります。
日本と同じく、島国です。

私が行くのは、ニュージーランドの首都〝ウェリントン〟というところです。

主にウェリントンのことを調べました。

 

ニュージーランドの季節

ニュージーランドの季節は、日本とは真逆です。

 

・春:9月 – 11月 日中の気温は16〜19℃くらい

・夏:12月 – 2月 日中の気温は20〜25℃くらい

・秋:3月 – 5月 日中の気温は17〜21℃くらい

・冬:6月 – 8月 日中の気温は12〜16℃くらい

あくまでも日中です。夜はもっともっと寒いので注意!!!

 

私が行くのは8月なので、日本は真夏ですが
ニュージーランドは冬です。。。寒い(泣)

 

ウェリントンの気候

ウェリントンはオークランド、クライストチャーチなどに比べて雨が多いみたい。
雨嫌いの私、、、折りたたみ傘は必須アイテムになりそうです!

 

・年間の日照時間が長く、気候が温暖

・冬の降水量が多い

・冬の最低気温は氷点下を下回らず、雪が積もることはほとんどない

・1年を通して風が強いことが多い

・「1日に四季がある」と言われるほど1日の気温差が激しい

 

オススメの服装

ワーキングホリデーだけではなく、旅行に行く前にも知っておきたいことは
その地にあった服装!

1年間分の服をもって行くのでできれば着まわしのできる服をもっていこうと調べました。

 

・春夏物は、日本の春夏の格好に羽織があるといい
(日陰や風が強くなると肌寒くなる。)

・秋冬物は、できるだけ1番上に着るものは防風性の強いものがいい
(昼夜で気温差が激しいため、重ね着がオススメ。)

 

できるだけ、重ね着を上手にこなし、防風性に強い服があると良さそうです。

 

 

ニュージーランドのお金事情

お金事情はとっても大事なことです!

ニュージーランドの物価、日本とそれほど変わらないかな?
とも思うが、どうなんだろう?

 

・給与水準 日本<ニュージーランド

・自動車や電化製品は割高

・衣類・消耗品、品質に比べ高い

・通信費は安い

・タバコは120NZ(1600前後)と高額

・ビール、日本と変わらない。ワインは安い

・平均賃金
年収:約48,800NZD(約390万円
平均時給:約23,50NZD(約1,880円)

 

食べ物の物価

・季節の野菜、果物は安い

・肉(牛・羊)は比較的安い、魚はほぼなく高い

・卵は倍以上、生では食べれない

・お米は比較的リーズナブル(NOT日本米)

・水・ジュースは高い

・乳製品高い

・お菓子やアイス大きさに比べ安い

・カフェは日本と変わらない

・外食高い

 

野菜、果物は季節の物を買うと節約になるみたいです。

私は自炊して節約する予定なので、買った時にまたブログをあげていきます!

 

ウェリントンのいいところ

ニュージーランドの中でもウェリントンに決めた理由は、
ニュージーランドの中でも、日本人が少ない

これだけでした。

でも、ウェリントンのことを調べれば調べるほど、いいところがたくさん出てきたので紹介します。

 

・世界でも有数のコーヒーの街

・地ビール(クラフトビール)が美味しい

・首都なのに自然が豊か(海・山)

・博物館や美術館が無料

・アートが街中に溢れている

・コンパクトにまとまった住みやすい街

・オークランドやクライストチャーチに比べて日本人が少ない

 

きっと行ったらもっともっとたくさんのいいところが見れると思うので

写真も含め、たくさん発信して行く予定です。

 

 

最後に

少しニュージーランドのこと、わかりましたか?
ほんと少しだけ(笑)

今回は、私が調べたことをまとめた記事にしてみました。

私もまだまだこれからたくさん調べたいと思います!

 

次は、ワーキングホリデーのビザについて書いてみよう。